2018年7月13日

「一杯の珍極)おつまみかきフライ」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

 「おつまみ」と言ったら、それだけを食べるものとは限りません。
料理の具材として利用できる場合もあります。

タマネギ、にんじん、ピーマンなどを炒めて...と、
これだけではちょっと寂しいので、
そこに添えたのが一杯の珍極)おつまみかきフライです。

一杯の珍極)おつまみかきフライ .JPG

 

 

 

 

 

 

 

国産のカキをせんべい状にした後、ころもをつけてフライにしました。
サクサクとした食感で、カキの風味が口の中に広がります。

もちろん、そのまま食べてもいいのですが、
今回はメニューに合わせ、バリバリにならない程度に軽く焼きました。

見るからに、大皿の中で立派な主役です。
なんの変哲もないただの炒め物が、いつもと違ったものになりました。

もちろん、味の面でも主役です。
ビールもおいしく感じました。

 

18560 一杯の珍極)おつまみかきフライ.jpg

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 16:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年7月 5日

「一杯の珍極)豚しょうが焼風ジャーキー」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。


「生姜焼き定食」好きですか?
口の中にじゅわ~っと広がる、あの独特のお肉の味。

あの生姜焼きの味をおつまみとして再現したのが、
一杯の珍極)豚しょうが焼風ジャーキー」です。

豚もも肉をスライスして、
生姜焼き風味のタレに15時間以上も漬け込んで、乾燥させました。
染み込んだ生姜の風味がたまらない一品です。

一杯の珍極)豚しょうが焼風ジャーキー .JPG

 

 

 

 

 

 

 

このジャーキーのポイントは「先味」です。
食べた際に、即、ガツ~ンときます。
ビールもいいけど、冷酒、焼酎のロックに合います。

もう一つ。
普通、ジャーキーって、パサパサしてますね。
ところがこの商品、しっとりしていて、肉汁感があるのです。

「ジャーキーであの味はないだろう...」と疑っているあなた。
見た目では分かりません。
ぜひ、一度試してください。

きっと〝仰天〟しますよ。

18410 一杯の珍極)豚しょうが焼風ジャーキー.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年6月29日

「パセリとレモン風味のソーセイジ」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。


梅雨真っ盛りといった今日このごろです。

万物を包むように静かに降る雨...。
考えたら、日本が一年で最も美しい季節かもしれません。
集中豪雨などは勘弁してもらいたいですが、静かに降る雨なら...。

山色空濛トシテ雨モ亦タ奇ナリ(蘇軾)

といった心持ちで、雨の風情も楽しみたいものです。


そうは言っても、じめじめとうっとうしいか...。
こんなときはサッパリした味がいいですね。

そこで「パセリとレモン風味のソーセイジ」です。

粗挽きにした豚もも肉をじっくりと熟成。
香りを生かすため、ノンスモークで仕上げ、
そこにパセリとレモン風味で味付けしています。

ソーセイジはこんがりと焼き、スナップえんどうと実えんどうを添えました。

パセリとレモン風味のソーセイジ .JPG

 

 

 

 

 

 

 

くどくどと言うことはありません。
さわやかな味が口の中に広がります。

もちろん、ビールにGood!です。

214890 パセリとレモン風味のソーセイジ【2017年7月~ビールに合う】.jpg


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:44 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年6月22日

朝倉山椒の産地に行ってきました!

こんにちは。
商品部の下田です。

ところで!
伍魚福の人気商品の「ちりめん山椒」、「有馬煮」、「牛肉のしぐれ煮」に使用している山椒は、
兵庫県北部にある養父(やぶ)市産の「朝倉山椒」を使用しています。

180622_0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月25日にその朝倉山椒の収穫を見学させていただきました!
朝倉山椒は、養父市八鹿町朝倉地区が発祥の地であり、養父市の特産品です。

180622_1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山椒といえばピリピリとした「しびれ」が特徴ですが、
朝倉山椒は豊かな香りに加え、そのしびれが程良く、まろやかな味わいです。

今年は通常より収穫時期が早く、行った時にはほぼ終わりかけとのことでしたが、
きれいな緑色の山椒の実が成っているところを見られました。

180622_2.JPG

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約7日間ほどの短い間に収穫作業は行われるとのことです。
房ごと丁寧に手摘みで収穫されています。

180622_3.JPG

 

 

 

 

 

 

収穫後の作業も見学させていただきましたが、
房から実を一粒ずつとっていく作業もまた非常に手間がかかっていました。

皆さんが愛情を注がれ大事にされている様子を見て、
朝倉山椒への思い入れも一層深くなりました。
収穫時期のお忙しい中、ご対応いただきありがとうございました!

 

帰りには、カタシマ養父本店 というオシャレなカフェで
「ローストビーフと朝倉山椒のタプナードのグルメバーガー」を食べました!
和でも洋でも何でも相性が良いのが朝倉山椒の素晴らしいところです。

180622_4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------
朝倉山椒使用の「牛肉のしぐれ煮」です!
今年4月に発売しました。
関西の主要駅、空港のほか、
高速道路のサービスエリアなどで販売しています。
ちょっとした手土産にぴったりの手提げ紙袋入り!
もちろんほかほかごはんとの相性はバッチリ!
------------------------------------------------------------


 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 19:49 | コメント (0) | トラックバック (0) | 商品開発こぼれ話

2018年6月15日

「ソース佃煮」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

何にでもソースをかけて食べる...。
そんなソース派の方にオススメです。
6月1日に発売した新商品です。

その名も「ソース佃煮
「しいたけ」「かつお昆布」「しじみ貝」の3種類があります。

えっ!、こんなものにソース?

そうっす。
(あっ!、つまらんことを言ってしまった)

 

ソース佃煮(しじみ貝).JPG

 

 

 

 

 

 

これは濃厚!

それもそのはず。
使っているのは、オリバーソースさん(神戸市)の名物「どろソース」なのです。

おまけにコショウがしっかり効いて...。
「しじみ貝」を食べましたが、ソースとコショウが染み込んでいて、
2~3粒食べただけで、ど~んとくる衝撃でした。

これはソース派にはたまらないかも。
急いでビールを流し込みましたが...、これは間違いなく、ご飯のお友です。

関西の主要駅、空港のほか、高速道路のサービスエリアなどで販売しています。

 

ソース佃煮)しいたけ .jpg

 

 

 

 

 

 

 

  ソース佃煮)かつお昆布 .jpg

 

 

 

 

  

  

ソース佃煮)しじみ貝 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年6月 9日

「牛すじぼっかけ」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

6月1日に「牛すじぼっかけ」を発売しました。
弊社の地元、神戸・長田かいわいで愛されている〝下町の味〟です。
 
牛すじとコンニャクを醤油、砂糖、酒、みりんなどで、
じっくりと甘辛く煮込みました。
こってりとした濃厚な味で、生姜の効いた独特の風味が口の中に広がります。

牛すじぼっかけ .JPG

 

 

 

 

 

 


うら寂びれた居酒屋のカウンター。
ちょっとくたびれた男が一人、手酌酒で...。
そんなドラマか映画のワンシーンのアテにピッタリきそうですが...。
ま、それはいいとして。

これからの季節、おつまみなら冷酒か焼酎のロックで。
冷酒は淡麗なタイプがいいですね。


もちろん、
温かいご飯にのせて「ぼっかけ丼」。
うどんやお好み焼き、焼きそばなどの具にも。
食べ方はいろいろです。

P1030053.JPG

 

 

 

 

 

 

  

P1030056.JPG

 

 

 

 

 

 

 

関西の主要駅、空港のほか、
高速道路のサービスエリアなどで販売しています。

【2018年4月発売】牛すじぼっかけ(箱・斜め).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 15:18 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年6月 1日

「ちりめん山椒」

こんにちは
伍魚福の佐久間史信です。

なんといっても、食べ物は〝旬〟です。
その旬で、いま一番のオススメが「ちりめん山椒」。
「新物」を発売中です。

淡路島で水揚げされたカタクチイワシと、
兵庫県産朝倉山椒をいっしょに炊き上げました。

ちりめん山椒 .JPG

 

 

 

 

 

 

朝倉山椒は粒が大きく、豊かな香りが特徴です。
ちりめんはやわらかく、噛むほどに甘辛さがじわ~っときて、
その深い味わいの中、山椒の風味が鼻腔を抜けます。

乾燥させたちりめんを炊いた佃煮は多いですが、
この商品は生から炊き上げています。
だから、やわらかいのです。

ちりめん山椒 ご飯 .JPG

 

 

 

 

 

 

熱燗に映えますが、これはやはりご飯ですね。
炊きたてのご飯にのせて食べると、なんと贅沢な味。
大げさですが、至福!です。
 
ちょっともったいない気もしましたが、
弁当のおにぎりにも入れました。

 

ちりめん山椒 110g

ちりめん山椒 110g .JPG

 

 

 

 

 

 

 

 ちりめん山椒 80g

ちりめん山椒 80g .JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 13:05 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年5月25日

プチプチ一人旅

こんにちは。

入社2年目になりました!
通販担当の青山です。
 
 
先日、姫路・赤穂へプチ一人旅に行ってきました。
 
1日目は姫路!!

青山 1 .jpg

 

 

 

 

 


天気は曇っていましたが、姫路城の真っ白な城壁が輝いていました。
平日にも関わらず観光客でにぎわっており、さすが姫路城!という感じでした。
 


お城の他に美術館に行ってみたりと、ゆったりとした時間を過ごしました。

青山 2 .jpg

 

 

 

 

 

 


時代カフェで、生まれて初めて忍者に接客をしていただき、
貴重な体験になりました。

青山 3 .jpg

 

 

 

 

 


 

2日目は赤穂!!
前日の夜は大雨で、晴れるか心配だったのですが、
願いが通じたのか、晴天で風も心地よかったです。
 
お目当ての赤穂城へ行き、城壁を触ってみたり、
挟間(さま)と呼ばれる城壁の穴を覗いてみたりと、一人でも楽しむことができました。

青山 4 .jpg

 

 

 

 

 


 
その後は海の方まで歩き続け(レンタルサイクルをおすすめします)...、
海を眺めてみたり、公園を散策したり、
塩の科学館へ行ったりと、時間を忘れて楽しんでいました。
 
 
そして、赤穂に来て忘れてはいけないのが「塩味饅頭」

青山 5 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

初めて食べたのですが、ほんのり塩味で、中の餡も程よい甘さ。
とっても食べやすかったです。

赤穂城の周りにはお土産屋さんも多く、お抹茶とセットで食べられるので、
赤穂に行った際には是非食べてみて下さい!
 
 
プチ一人旅。予定を決めたのは3日前くらいだったのですが、
ふらっと電車に乗ってみるのも楽しかったです!

次回はもう少し遠くへ行ってみようと思います。


【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

好きなおつまみは「備長炭カシューナッツ」です。
真っ黒な見た目に、最初はびっくりしましたが、
甘辛味とナッツの甘さが相性抜群です!

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 14:41 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ旅行記

2018年5月18日

「トリュフ入りチーズ生包み」

こんにちは。
伍魚福の佐久間史信です。

「真味只是淡」という言葉があります。

「真味(しんみ)はただこれ淡(たん)」と読みます。
中国の古典「菜根譚」に出てくる言葉です。

 

ちょっと小難しいことを言いましたか...。

古今東西、人は「おいしさ」を求めて、さまざまな味を考え出します。
でも、真においしいのは淡い味のもの、という意味です。

ということで、きょうはそんな商品を。
トリュフ入りチーズ生包み」です。

トリュフ入りチーズ生包み .JPG

 

 

 

 

 

 

 

トリュフとは、言わずと知れた世界三大珍味の一つ。
この高級食材とチェダー・カマンベール入りチーズを合わせて、
シート状の魚すり身でふんわりと包みました。

食べているうちに、落ち着いた甘さが口の中に広がってきます。
この「淡い味」がこの商品の魅力です。
やはり、ワインが一番合います。

 

ついでに。
伍魚福は世界三大珍味、日本三大珍味ともそろえています。

 

5枚入り

トリュフ入りチーズ生包み(5枚) .jpg

 

 

 

 

 

   

 

10枚入り

トリュフ入りチーズ生包み(10枚).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:06 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話

2018年5月11日

突然、餃子が...

銘品・交通・観光担当の児島です。


ある日、突然餃子を食べたくなり、嫁と餃子ツアー。

とりあえず10件集めてみました。


①イチロー:水餃子も旨いです。

児島 1.jpg


 

 

 

  

 

②ぼんてん:道に迷う。おっちゃんオモロイ。☆オススメ

児島 2.jpg


 

 

 

 

 

 

 ③瓢たん:元町駅前の細長い店。

児島 3.jpg


 

 

 

 

 

   

④赤萬:行列に並ぶ。

児島 4.jpg

 


 

 

  

 

 

⑤GYOZA YAMMY:餃子バー。細長い。

児島 5.jpg


 

 

 

 

 

  

⑥悦記:チャーハンもうまそう。☆オススメ

児島 6.JPG


 

 

 

 

  

⑦天孫降臨:スタンディング餃子。

児島 7.jpg


 

 

 

 

  

⑧点天:大阪土産のド定番。実はあんまり食べたことない。

児島 8.jpg


 

 

 

 

  

 

⑨嫁の実家:手作り餃子。

児島 9.jpg


 

 

 

 

 

 

  

⑩王将:私の餃子の標準。さすがに食べておかないとダメなので。

児島 10.jpg

 

 

 

 

 

  

 

どこも旨かったですが、

んーん...。
やっぱり⑨が一番旨い!
ハハハッ!。


これだけ食べても全く飽きず。
餃子って素晴らしい!

【私のお気に入り珍味】-------------------------------------------

やっぱり「いかなごのくぎ煮」。
自社商品の中で一番おいしいと思います。
ベタですが、白ご飯がベストです!


投稿者 伍魚福スタッフ : 11:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | スタッフ世間話


2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Tag

Monthly Archives

Search

Recent entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

業者様向けサイト

  • 酒の肴仕入れWEB 業者様向けサイト

伍魚福ブログ

  • 伍魚福取締役社長 山中勧ブログ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

POWERED BY MOVABLE TYPE